【アムアム通信Vol.251】やめられない、とまらない


 
こんにちは。アムアム通信編集部員、いつも明るく元気な明日香(あすか)です。

やめられない、とまらないと言えば「かっぱえびせん」
ある日、かっぱえびせんを食べているときにふと思ったのが、なぜ「かっぱ」なんだろうということ。えびせんはエビのせんべいなのでわかるのですが、なんで「かっぱ」なんだろう。

かっぱえびせんの袋を見ると、かっぱえびせんホームページのURLが印刷されていました。善は急げとサイトにアクセスする明日香。そこにはかっぱえびせんの名前の由来が書かれていました。

かっぱえびせんの7つの秘密のうちの、3つ目の秘密に説明がありました。

「かっぱえびせんの「かっぱ」は大人気だった漫画が原作」
昭和20年代、清水崑画伯が描いた「かっぱ天国」という漫画が大人気でした。清水氏にお願いして、かっぱのキャラクターを描いてもらって「かっぱあられ」という商品を発売したのが原点なんです。シリーズ最後の商品が「かっぱえびせん」で、「かっぱ」の名前だけ、今でも残っています。

当時の人気漫画に便乗したというビジネスの基本からのネーミングでした。特に「深イィ」話というわけではありませんでした。

ちなみにかっぱえびせんを製造する「カルビー」はカルシウムの「カル」とビタミンB1の「ビー」を組み合わさた造語だそうです。「ビタミン」ではなく「B1」というところにこだわりを感じますね。

かっぱえびせんのホームページはこちらです。


書店大手の文教堂HD、私的整理による再生手続を申請

文教堂ホールディングスおよび文教堂は、今後の事業再生と事業継続に向け、財務体質の抜本的な改善を図るため、6月28日、事業再生ADR手続きの利用の正式申請を行い、同日受理されたと発表しました。

ネット通販やデジタルコンテンツの普及により、街の本屋さんは苦戦を強いられています。本を読むのが好きな明日香にとっては、街の本屋さんが消えていくのは寂しいことではありますが、これも時代の流れと受け入れています。

ちなみに事業再生ADRとは、事業再生に関する紛争を訴訟や法的倒産手続きのように裁判所による強制力を持った紛争解決の手続きを利用することなく、当事者間の話し合いをベースとして解決しようとする手続きのことです。

今までと同じ街の本屋さんでは再生は不可能だと思います。新しい形態の書籍販売で復活することを切に願います。


これは知っておいてねキーワード

ゼロトラスト

Forrester Researchが2010年に提唱した考え方で、“社内(ネットワーク内)は安全である”という前提に立って境界を守るやり方では守れなくなった現状を踏まえ、「信頼しないことを前提とし、全てのトラフィックを検査、ログ取得を行う」という性悪説のアプローチ。(トラスト=信用、ゼロトラスト=すべてを信用しないという考え方)

今までのネットワークセキュリティといえば、社内と社外を分断し、Firewallなので内部を守るという手法が一般的でした。

働き方改革なので影響により、パソコンを外に持ち出していつでも、どこでも働くことが可能になりました。社内ネットワークに接続する際にはVPN接続をしてセキュアな通信を行うというのが一般的です。

Googleは8年前から、「Google BeyondCorp」というプロジェクトでゼロトラストに取り組んでいました。BeyondCorpでは社内システムにVPN接続をせずに、通常のインターネット経由でアクセスすることが可能です。
BeyondCorpは簡単に言うとユーザーとデバイスを管理することにより実現しています。

介護、少子高齢化などこれからの日本には解決すべて課題が山のようにあります。その一環として、いつでも、どこでも働ける必要があると思います。ゼロトラストがこの課題を解決する1つの手段となるといいですね。


明日香が選んだ!(実は選んでない)週間ビジネス書人気ランキング

今週のランキングをお届けします。







6位以下は八重洲ブックセンターさんのHPで確認してみてください。


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊

机に向かってすぐに集中する技術 瞬間的に“一点”にすべての力を集めるコツ

計画通りに仕事がなかなか終わらない明日香。効率化、集中、すぐやる、などのキーワードで書籍を読み漁っています。今回、ご紹介するのは「集中」です。

時間がないといいながら時間ができるとついついネットを見たり、Facebookを見たりしてあっという間に無駄な時間が過ぎてしまうことがあります。次にやらないといけない仕事はわかっているのに、なかなか集中できず。みなさんもそのような経験があるのではないでしょうか。

集中のコツは、心の強さに頼るのではなく、「集中力を引き出すワザ」を知り、使いこなすことだそうです。日本人はついつい何ごとも根性論で片付けようとする傾向にありますよね。そのような根性論ではなく、集中するにはワザを習得すれば集中することが可能なんだそうです。

おもしろいなと思ったのが、すぐに集中できる人は自分のモチベーションを後回しにするということ。「やりたい」「やりたくない」という感情を抜きにして、まずは「課題をやる」という行動に集中することが大切なのだそうです。

以前、読んだ本にも仕事のできる人はモチベーションに関係なく淡々と仕事をこなすとありました。

目標を設定し、モチベーションを保ちながら仕事を遂行すべしという本が多い中、このような考え方には目からウロコが落ちる思いでした。

本書にはモチベーションに頼ることなく、集中する方法が書かれています。集中するためにモチベーションを保つ、気合を入れると思っている方は本書を読んで、簡単に集中するためのワザを学んでみてはいかがでしょうか。


編集長のつぶやき

関東地方は残念ながら梅雨のため、雨が降る日が多くなっています。今週末も雨が降ったり止んだり。週末のロング散歩を楽しみにしている住広はストレスの溜まる週末です。

とは言え、先週は雨が降る予報の中、御朱印をいただくために明治神宮まで散歩に行ってきました。自宅を10時に出発して、山手通りを南下、高田馬場、新宿を経由して代々木駅に到着。

代々木方面から明治神宮への参道は「北参道」と呼ばれていることを知り、北参道から明治神宮に突入。人生初の明治神宮でしたが、思った以上に敷地が広くびっくりしました。

参拝をして無事に御朱印をいただき15時に帰宅しました。総散歩距離は17.5Km。帰りのバスは爆睡していました。

さて、散歩にハマっている住広ですが、散歩の限界も感じ始めました。どんなにがんばっても一日20Km程度歩くのが限界なのではないかと。そこで思いついたのが自転車。自転車ならがんばれば一日50Kmくらいは行けるのでは?と興味の対象が自転車に移っています。

毎日、家に帰ると様々な自転車メーカーのWebページを見ては、どれがいいかなぁと品定めをしています。

どなたかおすすめの自転車があったら教えてください。ちなみにクロスバイクを買おうと思っています。


編集長へのコンタクトはこちらまで
sumihiro@super-se.com