【アムアム通信Vol.232】初夢は一富士、二鷹、三茄子(いちふじ にたか さんなすび)


 
こんにちは。アムアム通信編集部員、いつも明るく元気な明日香(あすか)です。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、お正月と言えばいろいろと思い浮かぶことがありますが、「初夢」を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないかと思います。みなさんはどんな初夢を見ましたか?

初夢は一般的には1月1日から2日の朝にかけて見る夢のことを言います。年が明けて初めて見る夢なので1月1日の朝にかけて見る夢を初夢と言いそうですが、どうやらそうではないようです。

この初夢で見ると縁起が良いとされているのが「一富士、二鷹、三茄子」
夢に富士山、鷹、茄子が出てくることはあまりないとは思いますが、古くから言い伝えられています。(ナスが出てくる夢ってどんな夢なのか非常に興味のあるところです)

アムアム通信Vol.228でお伝えした「安全第一」
第一の「安全」に続くのが、第二の「品質」、第三の「生産」とお伝えしました。

同様に一富士、二鷹、三茄子には続きがあるのをご存知ですか?
その続きとは、四扇(しせん)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)です。みなさんご存知でしたか?

六番目の座頭とは剃髪した琵琶法師を指し「毛がない」が「怪我ない」に通じることから家内安全を願ったものとされています。と昔の人のオヤジギャグ的な発想のようです。

どちらにしても夢にはなかなか出てこないレアアイテム。それが夢に出てくるということは非常におめでたいことだとポジティブに考えるのが吉(きち)ではないでしょうか。

ということで、今年一年もよろしくお願いいたします。


山手線 E235 系で自動列車運転装置(ATO)等の試験を実施

JR東日本は2018年12月04日、ドライバーレス運転の実現に必須となる高性能な自動列車運転装置(ATO)の開発に向け、山手線 E235を使用した試験走行を山手線全線(34.5 ㎞)で行い、その評価および課題の抽出を行うと発表しました。

あわせて、運転士が運転に関する様々な情報をより安全に得られるようにするため、ヘッドアップディスプレイの試験を行い、その評価および課題の抽出を行うそうです。

自動車に比べて電車の自動運転は、レールの上を走っているだけなので、簡単なように思えるのですが、どうやらいろいろな課題があるようです。(踏切内で自動車が停まっていた場合の対処等)

自動運転の試験は山手線を2周します。1周目は定時運行、2周目は遅延を想定して遅れを取り戻すように運行するというものです。

試験の結果、1周目の定時運行試験は走行中の加減速が多く感じられたそうです。これに対してJR東日本は「(1周目のように)低い一定の速度で走ろうとしたときに、機械は速度に合わせようとして加減速するが、運転士は先が分かっているので無駄がない。」とコメントしています。

こう考えると人間の能力って改めてすごいんだなと思わされます。少子高齢化で労働人口がどんどん減少する日本。すべてが自動になるのはもう少し先のようです。


これは知っておいてねキーワード

IPFS【アイピーエフエス】(= InterPlanetary File System)

内容アドレスかつP2Pのハイパーメディア分散プロトコルである。IPFSネットワークにあるノードは分散ファイルシステムを形成する。インタープラネタリー・ネットワークスがオープンソースのコミュニティからの協力を得ながら開発しており、ユアン・ベネット (Juan Benet) が最初に提唱したプロトコルである。
(ウィキペディアより)

むむむ、相変わらずITに関するウィキペディアの説明はま~ったくわからないですね。(明日香だけでしょうか?)

インターネットでコンテンツにアクセスする場合にはURL(https://www.xxx.com/company/ndex.htmlなど)を利用して情報にアクセスします。当たり前のことですが、指定されたURLにはそのコンテンツを配置しておく必要があります。

一方、IPFSは各コンテンツのハッシュ値を取得して、そのハッシュ値をコンテンツのIDとして利用します。
例えば、【アムアム通信Vol.97】だったらそれを頼まなければいいのにを読みたいと思った場合、http://www.super-se.com/index.php/2015/07/20/225/にアクセスする必要があります。当然、このURLにアムアム通信のコンテンツを置いておかないと情報を参照することができません。

IPFSを使用した場合、アムアム通信Vol.97の内容のハッシュ値を取得し、インターネット上の複数のサーバーに置いておきます。ユーザーがアムアム通信Vol.97にアクセスする際にはURLを指定する代わりにハッシュ値を指定します。その際にコンテンツは複数サーバーに保存されているので、どこか一つのサーバーがダウンしていても、同じハッシュ値を持つサーバーからアムアム通信Vol.97を参照できるというすぐれものです。

IPFSはその仕組から、耐障害性、耐検閲性、耐改ざん性が高く、負荷分散されるなどのメリットがあります。

インターネットのコンテンツ管理の方法を根底から覆す可能性のあるIPFS。はたしてどこまで普及するのでしょうか。この先の動向を注視したいと思います。


明日香が選んだ!(実は選んでない)週間ビジネス書人気ランキング
今週のランキングをお届けします。

相変わらずトップ5にランクインしている「教養としてのワイン」
先日、書店に行った際におすすめコーナーに平積みしてあったので、思わず購入しようかと思ったのですが、そもそもワインにそれほど興味があるわけではないので購入はしませんでした。

お金を出してまで読みたいとは今のところ思ってはいませんが、このままラインクインが続くといつか手にしてしまいそうです。








6位以下は八重洲ブックセンターさんのHPで確認してみてください。


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊


ちょっとだけせっかちな明日香。ちょっとしたことでイライラすることが多いので、「イライラしない」を今年の目標の1つにしました。

とは言え、精神論で「イライラしない!」と思ったところで、そう簡単にせっかちが治るとは思えなかったため、何かよい策はないかと調べていたら見つかったのが「アンガーマネジメント」

アンガーマネジメントとは怒りの感情とうまく付き合い、感情に振り回されないようにコントロールする技術です。あくまでも技術なので練習することにより上達することが可能です。

人間が生きていく上で怒りの感情は欠かすことが出来ないのですが、本書の中では怒りの中でも次のような怒りの感情は問題があるとしています。
・強度が強い
・持続性がある
・頻度が高い
・攻撃性がある

上記のような怒りの感情を持っている人は特にアンガーマネジメントを学ぶ必要があるそうです。

アンガーマネジメントは次の3つのメソッドから成り立っています。
1.衝動のコントロール
2.思考のコントロール
3.行動のコントロール

衝動のコントロールは、イラッとしたとき、カッとなったときの怒りにどのように対処すれば良いかということです。イラッとしたときに一番やってはいけないことは、反射的に(何も考えず)反応してしまうこととのこと。(思い当たるフシが。。。)

まずは、この衝動的な反射をコントロールするためのメソッドが紹介されています。

本書ではアンガーマネジメントのメソッドは10以上紹介されています。明日香もその中のいくつかを実践中です。始めてからまだ2週間程度ですが、少しずつイライラする回数が減ってきました。確実に効果が出ているのですが、これを継続させないと意味がないなと思っています。

ちょっとしたことでイラッとする人は本書を読んで、平穏な心を手に入れてはいかがでしょうか。もしくは、いつも機嫌の悪いあの人におすすめしてみるのもいいかもしれませんね。



編集長のつぶやき

明けましておめでとうございます。アムアム通信編集長の住広です。本年もご愛読のほどよろしくお願いいたします。

年末年始休暇のあとの3連休。なかなか社会復帰ができず、やる気のない日々を過ごしています。

この3連休で住広は二人の息子を連れて埼玉の実家に帰省しました。ずっと気になっていたのですが、この「実家」という単語。実家とは「実の家」なので、自分で購入して今まさに住んでいる家が実家なのではないかとモヤモヤしていました。

気になることはすぐに調べないと気がすまないのが、アムアム通信の編集に携わるものとしての性格。グーグル先生に聞いてみようと、自分のスマホに向かって「OK Google!」と話しかけてみました。ピコッっと冷たい電子音で反応するGoogle先生に向かって「実家とは?」と問いかけました。

返ってきた答えは「(入り婿・嫁・養子から見て)自分の生まれた家。さと。」とのこと。さらに調べると旧民法では「婚姻又ハ養子縁組ニ因リテ他家ニ入リタル者ハ離婚又ハ離縁ノ場合ニ於テ実家ニ復籍ス」(結婚もしくは養子縁組後に離婚、離縁した場合は、実家に戻る)と規定されてたようです。

ん~、なるほど。ということは、住広は婿に入っているわけではないので、実家は自分が今住んでいる家ということでよさそうです。ということで3連休に我が子を連れて行ったのは埼玉の親の家と言うのが正しいようです。これでやっと長年のモヤモヤが解消されました。

さて、明日から通常業務。なかなかやる気が出ないので、昼間、本屋に行って何かやる気が出るようになる本はないかなと物色してきました。購入したのは『「やる気が出ない」が一瞬で消える方法

これを読んでやる気を出すぜ!と思ったのですが、やる気がないので本を読む気にもならず(笑)
結局、本を読むこともなくやる気が出ないまま連休を過ごしてしまいました。

とりあえず明日香に渡して、いつかアムアム通信で紹介してもらおうと思います。お楽しみに!



編集長へのコンタクトはこちらまで
sumihiro@super-se.com