【アムアム通信Vol.215】しっかりと基準を示してもらわないとわかりません


こんにちは。アムアム通信編集部員、いつも明るく元気な明日香(あすか)です。

先日、甥っ子くんのお家に遊びに行きました。行く前に電話をして何か欲しいものはあるか聞いてみるとKFC(ケンタッキーフライドチキン)のクルクルと丸くなったポテト「カーネルリングポテト」を食べたいと言うので、行く途中にKFCに寄ってから行くことにしました。

KFCに到着して、メニューを見るとカーネルリングポテトにはS、R、ボックスの3つのサイズがありました。体重の気になる明日香はKFCをあまり食べることはなく、各サイズがどのくらいなのかわからなかったので、店員さんに「各サイズはどのくらいですか?」と聞くと、返ってきた答えは「RはSの2倍、ボックスはRのさらに2倍です」とのこと。

あぁ、なるほど!と一瞬思ったのですが、そもそもSのサイズ感がまったくわからない明日香は当然、R、ボックスのサイズ感もまったく想像できませんでした。

とりあえず一番大きなボックスを買っておけば、食べざかりの甥っ子くんたちもきっと満足だろうとサイズ感を確認するのを諦めてボックスを1つ購入し、甥っ子くんたちの家に向かいました。

何できちんと説明してくれないのかしら!とちょっとイラッとした明日香ですが、美味しそうにカーネルリングポテトを食べている甥っ子くんたちを見ていたら、まぁ、いっかと思ってしまった「オババカ」な明日香でした。


アマゾン、QRコード決済開始

アマゾンジャパンは8月29日、スマートフォンを使った実店舗での決済サービスを開始したと発表しました。
アマゾンが自社店舗以外で決済サービスを導入するのは世界初とのことです。

決済方法は消費者のスマホに表示されたQRコードを店舗のタブレット端末で読み取って決済をします。

この決済が利用できるのは現時点では、新宿区や福岡市の飲食店やお土産屋さんなど数十店舗です。

最近では、LINE Pay、楽天ペイ、Yahoo!ウォレットコード支払いなど、様々なモバイル決済サービスがリリースされています。これらのモバイル決済の特徴はバーコードを利用するというもの。

日本でモバイル決済と言えば、今まではFelicaを利用したおサイフケータイが一般的でした。おサイフケータイの導入には消費者側のアプリ開発、店舗側の専用端末の設置等、かなり費用が必要とされました。

最近、はやりのバーコードを利用したモバイル決済の場合は、通常のバーコードリーダーがあれば簡単に導入することが可能です。この手軽さからますます導入店舗は増えていくと予想されます。

このバーコードを利用したモバイル決済、アプリを起動してバーコードを表示するのがちょっとだけめんどくさいなと思ってしまいました。おサイフケータイのように何も気にせずタッチするだけで決済が完了する仕組みのほうが利用者にとっては便利なような気もします。


これは知っておいてねキーワード

マネタイズ

ネット上の無料サービスから収益をあげる方法のこと。もともとは金属から貨幣を鋳造するという意味で使われていたが、2007年頃からIT用語として使用されるようになった。(コトバンクより)

最近のネットサービスは基本的に利用するのは無料というものが多いですよね。Yahoo!やGoogleの検索サービスを利用している方は多いと思います。これらのサービスの利用はすべて無料ですよね。

では、これらの無料サービスはどのように利益を出しているのでしょうか?マネタイズには次の4種類があると言われています。

・広告モデル
・課金モデル
・ECモデル
・仲介モデル

広告モデルはみなさんがインターネットを閲覧している際に表示されるバナー広告が有名です。みなさんも一度は目にしたことがあると思います。
(見たことはあるけど、クリックすることってあまりないのは明日香だけでしょうか。)

将来、無料のサービスをリリースして収益化を考えている方は、その他のマネタイズ手法を調べてみてください。いろいろなことを考えるものだなぁと感心させられます。


明日香が選んだ!(実は選んでない)週間ビジネス書人気ランキング

今週のランキングをお届けします。






6位以下は八重洲ブックセンターさんのHPで確認してみてください。


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊


アムアム通信の中でも何度か告白していますが、明日香は計画を立てるのが大の苦手。
工数の見積もりをする際に、どの程度時間がかかるか今までの経験で見積もり、実際に実行してみたら思ったより時間がかかったり。工数算出ってどうすればいいのか悩む日々です。

そんな明日香ですが、計画を立てるためのいろいろなノウハウを学んでみようと思い、手にとったのが本書「計画力の鍛え方」です。まさに今の明日香にうってつけの一冊です。

本書は計画アレルギーのある次にような方に読んでほしいと著者は述べています。

・計画を立てることを難しく考えすぎている。
・計画を立てても意味がなかった過去がある。
・計画を立てることで現状に向き合うのが苦痛。
・成り行きに任せたいので、計画なんていらない。

とは言え、きちんとした計画を立てることができたら8割は成功と言われることもあるくらいに計画を立てることは重要です。

プロジェクト全体の計画の立て方、タスクの時間の見積もり方法から始まり、その後の進捗管理や計画の変更のしかたを様々な手法を用いて解説しています。

計画を立てることが大切だと頭ではわかっていても、なかなか実行できない方は本書を読んで計画の立て方を体系的に学んでみてはいかがでしょうか。



編集長のつぶやき

学生は今日が夏休みの最後の日。大昔、住広が学生だったころ、夏休みが終わってしまうなんとも言えないガックリ感を思い出します。早く来年の夏休みが来ないかなぁとか思ったり。

夏休み最後の本日。次男が急に「夏休み最後だし、どこか行きたい!」というのでどこに行きたいか聞くと「自分で揚げる串揚げ屋さん」に行きたいとのこと。(ご存知の方もいると思いますが、「串家物語」です)

久しぶりに串家物語(自分で揚げる串揚げ屋さん。バイキング形式)もいいなとすっかり住広は串揚げモードに突入。

言い出した次男に夏休みの宿題は終わったか聞くと、終わったとのこと。同じ質問を長男にすると「まだ、終わってない」とのこと。すでに串揚げモードになっている住広は、長男の宿題を終わらせるのを優先するか、自分の串揚げモードを優先するか悩みましたが、宿題は帰ってきてからもできるしとりあえず行こう!と決断しました。

串家物語で多少のトラブルがあり、ちょっとイラッとしましたが、自分で揚げた串揚げをお腹いっぱい食べ非常に満足して帰ってきました。

そして帰ってきて息子たちは最後の夏休みを満喫するかのようにゲームを始めました。
ゲームをする息子たちに「明日から学校、どうかな?」と聞くと二人で声をそろえて「めんどくさ〜い」とのこと。まぁ、パパも学校(勉強)は大嫌いだったので、そんなもんだよなと思った夏休み最後の日でした。

明日から電車混むなぁ。。。住広も学校(会社)行きたくな〜い(笑)



編集長へのコンタクトはこちらまで
sumihiro@super-se.com