【アムアム通信Vol.207】山手線を快適に乗る方法


こんにちは。アムアム通信編集部員、いつも明るく元気な明日香(あすか)です。

本日はスマホのアプリをご紹介したいと思います。

先日、お客様を訪問するために山手線に乗っていました。何となく車内の広告を見ているとJR東日本が提供しているそのものズバリの「JR東日本アプリ」なるアプリの広告に目が行きました。

アプリの説明には山手線の各車両の混雑状況がわかると謳われていました。

山手線を利用したことがある方はご存知だとは思いますが、車両によってかなり混雑度が違っています。
また、目の前にやってきた電車はぎゅうぎゅう詰めの満員でも、数分後の次の電車がガラガラだったりすることもあり、どの電車、どの車両を選択するかが山手線を快適に乗るコツだったりします。

このJR東日本アプリを使うとその山手線の車両ごとの混雑度合いがわかってしまうという夢のアプリ。

さっそくインストールして利用を開始しました。一週間ほど利用した感想は、まぁまぁ合っているかなといったところ。

それにしてもどうやって混雑度を計測しているのかITに携わるものとしては気になるところ。最近、山手線には防犯カメラが設置されていますが、画像認識による測定なのか、それとも重量による測定なのか、はたまた駅員による目視なのか?

ネットで調べてみると測定方法がわかりました。

混雑度を測定する仕組みはNTTドコモの音波チェックイン「Air Stamp」という機能が使われていました。Air Stampとは山手線の各車両に設置されている音波装置から人には聞こえない高周波の信号を流し、それをスマホのマイクで収集するシステムです。

これにより各車両にスマホが何台あるかわかるので、その情報をもとに混雑度を計算しているそうです。

なるほどーーー!と思ったのですが、ということはスマホにこの「JR東日本アプリ」をインストールしていないと、カウントの対象にならないのでは?とも思ってしまいました。

どうりで表示される混雑度は「まぁまぁ」あっているんだなぁと納得しました。

山手線を利用する方はインストールして損はないアプリだと思います。現在、電車がどこの駅にいるかもわかるので、かなり便利なアプリだと思います。


ホリエモンロケット打ち上げ失敗

宇宙新興企業インターステラテクノロジズは6月30日、観測用小型ロケット「MOMO(モモ)2号機」を大樹町の実験場から打ち上げたが、直後に落下して爆発したと発表しました。

大樹町で記者会見した同社の稲川貴大社長は「メインエンジンに何らかのトラブルが起きたと考えられる」
と話しました。

同社の創業者の一人で元ライブドア社長の堀江貴文氏も同席し、「上昇してすぐ落ちるというこれまでにない失敗。どうバックアップしていくかで頭がいっぱいだ」と語りました。

宇宙にはまだまだ未知のことがたくさんあります。何かと叩かれてしまう堀江氏ですが、諦めずに頑張って欲しいですね。打ち上げ成功を心より祈っている明日香でした。


これは知っておいてねキーワード

スパイクアクセス

サイトに急激にアクセスが増えること。

とある会議の資料上に「スパイクアクセス」記載されていて、明日香を除く参加者全員が知っているようだったのですが、明日香は初めて聞いた言葉だったので勇気を出して「スパイクアクセスって何ですか?」と聞いたら、スパイクアクセスの意味を教えてもらいました。(聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥)

IT業界は新しい言葉が続々と登場しますね。ますます勉強しないと。


明日香が選んだ!(実は選んでない)週間ビジネス書人気ランキング

今週のランキングをお届けします。






6位以下は八重洲ブックセンターさんのHPで確認してみてください。


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊


著者、はAIに執筆させた小説が、「星新一賞」の一次審査を通過したことで脚光を浴びた「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」の主宰者です。

人工知能が小説を書いて、審査を通過するというのは驚きです。
(審査委員の方々には人工知能が書いた小説ということは伏せておいたそうです。)

AI(人工知能)というキーワードを聞かない日がないくらい、世間では人工知能ブームです。

2045年に人工知能が人間の知能を超えると言われているシンギュラリティ。人工知能の発展により10年後には今の職業の半分はなくなるとも言われています。はたして人工知能は人間を幸せにしてくれるのでしょうか。

ドラえもんや鉄腕アトムのように「心」を持ったAIを開発することができるか著者の見解が述べられています。著者の答えは「YES」 確かに説明を読むとAIは「心」を持つことができると納得できました。

本書には人工知能が執筆した小説も載っているので、人工知能はどんな小説を書くのか興味がある方は本書を読んでみてください。



編集長のつぶやき

関東甲信地方が6月29日に梅雨明けしたとみられると気象庁が発表しました。

6月中に梅雨明けとなるのは1951年(昭和26年)の統計開始以来初めてのことだそうです。

梅雨が明けたとたんにサンサンと降り注ぐ夏の太陽。土曜日に子どもの自転車を買いに近所の自転車屋さんに自転車に乗ってでかけたのですが、30分程度走っただけで腕が日焼けで真っ赤になってしまいました。

新しい自転車を手に入れた我が息子。嬉しくて仕方がないのか、しきりに公園に遊びに行こうとせがまれました。時刻は午後1時。太陽の日差しが一番強い時間なので、夕方になったら行こうと説得するも言うことを聞かず。

ジリジリと太陽の日に照らされながら公園に出かけました。案の定、この暑さの中遊んでいる子どもはほとんどおらず。新しい自転車をぎこちなく乗っている我が息子を遠くから眺めていました。
(まぁ、うれしそうにしてるからいっかと思いながら)

その公園には大きな藤棚があるのですが、その下にベンチがあり寝転がると太陽の光も遮られ心地よい風が流れてくるので、気持ちよく昼寝をすることができました。

これからますます暑い日が多くなると思いますが、日焼け対策、熱中症対策をお忘れなく。
(早く秋が来ないかなぁ。。。。)



編集長へのコンタクトはこちらまで
sumihiro@super-se.com