【アムアム通信Vol.205】写真撮影はご遠慮ください


こんにちは。アムアム通信編集部員、いつも明るく元気な明日香(あすか)です。

たびたび登場する明日香の甥っ子くん(小学校2年生)

甥っ子くんのおうちに行くたびに成長の記録のため、写真を取りまくる明日香。以前は、写真を撮るよ〜というとカメラ(スマホ)の前でかわいいポーズを撮ってくれていた甥っ子くん。

ところが最近、カメラを向けると陰に隠れるようになった甥っ子くん。写真を撮られるのを嫌がるようになりました。

たしかに小学生になり、自我が目覚めて恥ずかしさからか写真を撮られるのが嫌がるようになったかと甥っ子くんの成長を喜ぶ叔母バカな明日香。

そんなに恥ずかしいの〜?と構わず写真を撮っていると、甥っ子くんが一言「写真を撮ってネットに上げると、悪い人がその写真を見て連れ去る可能性があるので写真を撮ってほしくない」とのこと。

あぁ、ある意味成長しているのでしょうが、なんとも現代っ子だなぁと思ったできごとでした。


Wカップの優勝国をAIが大胆予想

サッカーにはあまり興味がない明日香。Wカップが始まっているのを全く知りませんでした。

このWカップに関して、ドイツのドルトムント工科大学、ミュンヘン工科大学、ゲント大学から集まったリサーチチームがこのたび、人工知能を使ってWカップの優勝国を予測しました。

FIFAランキング、各国の人口やGDP、ブックメーカーのオッズ、クラブで共にプレイするナショナルチームの選手が何人いるか、選手の平均年齢、過去に勝利したチャンピオンリーグの結果などのデータをもとに解析しました。このデータから、W杯トーナメントを10万回シミュレーションし、各グループの結果から、最終的に優勝する可能性がもっとも高いチームを割り出したそうです。

AIの予測する優勝国はスペイン、続いて二位はドイツとのことです。残念ながら日本は決勝トーナメントには進出ならずという結果になりました。

人工知能で何でも予測できるようになるのはすばらしいことですが、本来のスポーツの楽しみがなくなるようで、少し寂しくも思えます。


これは知っておいてねキーワード

量子コンピュータ【りょうし こんぴゅーた】

量子力学的な重ね合わせを用いて並列性を実現するとされるコンピュータ。従来のコンピュータの論理ゲートに代えて、「量子ゲート」を用いて量子計算を行う原理のものについて研究がさかんであるが、他の方式についても研究・開発は行われている。(ウィキペディアより)

最近、量子コンピューターというキーワードを耳にする機会が多かったので、どんなコンピュータなのか調べてみました。

現代のコンピューターは0と1の2つの状態を扱っていますが、量子コンピュータは0と1の間の状態を扱うことが可能なんだそうです。

また、量子コンピュータには「量子ゲート方式」と呼ばれる汎用タイプと、「量子アニーリング方式」と呼ばれ「組み合わせ最適化問題」を解くことを中心に利用されるタイプの2種類があるとのこと。

色々なサイトで量子コンピュータの説明を読んだのですが、いまいちピンときませんでした。。。

簡単に言うと、今までのコンピュータより計算能力のすごーく高いコンピュータということでよいのではないでしょうか。


明日香が選んだ!(実は選んでない)週間ビジネス書人気ランキング

今週のランキングをお届けします。






6位以下は八重洲ブックセンターさんのHPで確認してみてください。


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊


数々の成功に導く自己啓発書を読んできた明日香。自己啓発書のほとんどが著者自身の成功体験をもとに書かれています。

それとは違った観点で科学的なエビデンス(証拠)をもとに成功法則を解明しようというのが本書です。

例えば、「いい人」についての考察。
本書での結論としては、嫌なやつ(いい人ではない人)のほうがうまくいくことが多く、自分本位に要求をするほうが良い結果が得られるとのこと。

嫌なやつが人生を楽しんで成功するというのはなんとも言えない気持ちになりました。

ただし、この成功はあくまで短期的なもので最終的に成功するのは嫌なやつではないそうです。

では、どのような人が最終的に人生の勝ち組なるのか? この答えに興味がある方は本書を読んで人生の勝ち組を目指してみるのはいかがでしょうか。




編集長のつぶやき

最近の住広のちょっとイラッとする出来事をご紹介。

google先生の検索結果のページをクリックして戻ってくると、そのリンクの下に「他の人はこちらも検索」とリコメンド?の窓がニュルニュルと表示されるようになりました。

検索結果の次のリンクをクリックしようとした瞬間に表示されるので、見たくもないリコメンドページリンクをクリックしてしまうことは何度も。そのたびにページを戻って本来見たいページリンクをクリックします。

ちょっとイラッ(いや、かなりイラッ)いつからこんな仕様になってるんだ。。。と思うこと何度も。

同じ気持ちを味わっている方も多数いるのではないでしょうか?

この窓を出さないようにする設定をご存知の方は教えていただけると、住広のイラッとする回数が減るのですが。。。



編集長へのコンタクトはこちらまで
sumihiro@super-se.com