【アムアム通信Vol.204】セルフスタンドの裏事情



こんにちは。アムアム通信編集部員、いつも明るく元気な明日香(あすか)です。

世間ではガソリンの価格が高騰していると騒がれていますね。レギュラーガソリン1Lが150円を超えたようです。

少しでも安くしたいと思うのが消費者感覚。セルフスタンドで入れればいくらか安くなりますよね。

セルフスタンドとはその名の通り、自分でガソリンを給油するガソリンスタンドです。支払い方法、油種、給油量等をタッチパネルで指定して、静電気を除去したあとにノズルを取り出し給油します。

ノズルのレバーを引くと自動的にガソリンが出てくると思っていたのですが、セルフスタンドの裏では給油許可のボタンをスタッフが都度都度押しているってご存知でした?

このボタンを押さないとノズルのレバーを引いてもガソリンは出てこないそうです。これは消防法で決まっているとのこと。

本当かしら?単なる都市伝説では?と思ってネットで調べてみたのですが、確実な情報をキャッチしました。それはセルフガソリンスタンドのアルバイト募集の記事。

■お仕事内容
・室内のモニターで給油機周辺を監視します。スタンドに来店されたお客様の給油準備・安全確認後に給油許可を行います。
・給油をする際に、事務所内で給油許可のスイッチを押す仕事です。

本当に裏で給油許可ボタンを押しているのですね。

あくまでセルフスタンドであり、無人スタンドではありませんというお話でした。


マイクロソフトGitHubを買収

2018年6月4日、マイクロソフトはGitHubの買収について合意に達したことを発表しました。

合意条件によれば、マイクロソフトは 75億ドル相当の自社株により GitHub を買収します。慣例的な成立条件と規制当局のレビューにしたがい、本買収は本年末までに完了する予定です。

マイクロソフトCEOのサティア ナデラ (Satya Nadella) は次のように述べています。
「マイクロソフトは開発者ファーストの会社であり、GitHub と協力することで、開発者の自由、オープン性、イノベーションへのコミットメントを強化できます。今回の合意により生じるコミュニティに対する責任を認識しており、あらゆる開発者が世界の最も困難な課題解決のための開発とイノベーションを行えるよう支援すべく、最善を尽くします。」

開発者の方はGitHubのお世話になることが多々あると思います。企業も積極的にGitHubを使って様々な情報(ソフトウェア)を公開しています。

マイクロソフトの買収によって、今までのオープン性が損なわれないといいですね。


これは知っておいてねキーワード

ロボット工学三原則【ろぼっと こうがく さんげんそく】

SF作家アイザック・アシモフのSF小説において、ロボットが従うべきとして示された原則。

具体的には次の3つの原則です。

第一条
 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第二条
 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

第三条
 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

第3次人工知能ブームの真っ只中ですが、2045年には人工知能が人間の知能を上回ると予想されています。(いわゆる、シンギュラリティ)

人工知能を開発する際には、このロボット工学三原則を守る必要があると言われていますが、この三原則を提唱しているのが、科学者ではなく小説家というのも面白いところです。

このまま人工知能が発展すれば、あと数年もするとドラえもんが世の中に登場する世界がやってくるかもしれませんね。でも、本当にドラえもんが登場したら、世の中は大混乱になること間違いなし!と思っているのは明日香だけではないはず。
(皆さんも、ドラえもんの道具で一番欲しい道具は何?という会話は一度はしたことがあるはず)

人工知能で幸せで便利な世の中がやってくることを心から望みます。


明日香が選んだ!(実は選んでない)週間ビジネス書人気ランキング

今週のランキングをお届けします。






6位以下は八重洲ブックセンターさんのHPで確認してみてください。


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊


世間では人工知能ブームですよね。ブームに取り残されたくない明日香は人工知能の勉強をしようと思っていたのですが、なかなか本格的に勉強する機会がありませんでした。
(機会がないというのはいい訳ですね。単に勉強する気がおきなかっただけです。)

本を物色するために書店を訪れていたのですが、ある一冊の本が目に飛び込んで来ました。本の帯には「この一冊で人工知能の数学がゼロからわかる!」と書かれていました。

ネットで人工知能に関する情報を読んだりしていたのですが、どうやら人工知能はITの知識より数学の知識が必要だと薄々感づいていた明日香。

これを機会に数学の勉強をしよう!と思い本書を迷わず購入しました。

さっそく家に帰って読み始めました。Chapter1は「数学基礎」
変数・定数、一次式、二次式、関数と数学の知識を思い出しながら読み進めました。

さらに読み進めると、自然対数、シグモイド関数、三角関数とかなり難解な解説ページに。明日香の頭はこのあたりでパンクし始めました。ここまでで読んだページ数は35ページ。

全220ページを読み切るまでには、まだまだ遠い道のりのようです。

人工知能に興味があるけど、何から初めて良いかわからないという方は、まずはこの一冊で勉強してみてはいかがでしょうか。

編集長のつぶやき

先日、恵比寿でお客様との懇親会がありました。会場に早めに到着したので営業さんとお店の入り口で時間をつぶしていました。

時間を潰している間、周りを見渡すとお店の前の広場に何やら人だかりが。周りにはギャラリーも集まっているのでよく見てみると、どうやらドラマの撮影を行っているようです。

よく見えるようにメガネを掛けてみたのですが、少し遠いため誰だかわかりません。東京に住んではいますが、芸能人を生で見る機会などほとんどないのでちょっと興奮気味の住広。

誰だかどうしても知りたくなった住広は近くにいた方に「あれは誰ですか?」と聞いてみました。

返ってきた答えは「杉咲花さんですよ。」とのこと。有名な人ですか?と聞くと「はい」との答え。営業さんと住広の頭の中は「?????(誰だそれ?)」

最近の女優さんはまったくわからず。先週の金曜日は49歳の誕生日。すっかり年齢を重ねてしまったなぁとシミジミ思った瞬間でした。

40代最後の一年。気持ちだけは若くして楽しみたいと思います。


編集長へのコンタクトはこちらまで
sumihiro@super-se.com