こんにちは。アムアム通信編集部員、皆さんの心のオアシス亜夢子(あむこ)です。

新しいお客様と取引を始める際に取り交わす基本契約書。契約書って難しい言い回しが多くて内容を確認するのは大変ですよね。

先日も基本契約書をチェックしている際に

「第2条ないし第4条で定める義務は本契約終了後も存続する」

という一文があったので、「第2条」もしくは「第4条」は契約終了後も存続するのねと第2条と第4条の内容を確認しました。

よくよく読むと「第2条」「第4条」だけでなく「第3条」も契約終了後も存続してほしいため、法務担当に「第3条」も対象にしたいのでどのような表現にしたら良いか相談に行きました。
(「第2条、第3条ないし第4条」? 「第2条から第4条」?などなど)

法務担当からの回答は「ないし」は法律的には「から」という意味なのでこのままの表現で問題ないとのこと。(第2条ないし第4条で、第2条から第4条までという意味になるようです。)

亜夢子は今までずっと「ないし」は「または」という意味だと思っていました。何かしらの契約をする際には「ないし」にはご注意ください。

法律用語って難しいですね。ちなみ法律用語では「又(また)は」と「若(も)しくは」も厳密に使い分けられているそうです。

「又は」と「若しくは」 何が違うんだろうと思った方はグーグル先生に聞いてみてください。


日本郵政 数千億円の損失計上へ

日本郵政は、おととし買収したオーストラリアの物流企業の業績が悪化していることから、4,000億円近くの損失を計上する方針と発表しました。

買収企業(トール社)の業績悪化の原因は資源価格の下落により、物流事業が伸び悩んでいることだそうです。
(オーストラリアは資源大国なので資源価格の下落は影響が大きいのでしょう)

東芝の損失が1兆円を超えるという話があった後なので、なんだ4,000億円程度かと感覚が麻痺している自分がちょっと怖かったります。

東芝のウエスチングハウス買収もそうですが、海外の企業買収はなかなかうまくいきませんね。


これは知っておいてねキーワード

ソーシャルレンディング

『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を結びつける融資仲介サービス。(ウィキペディアより)

クラウドファンディングにはいくつかの種類があり、「金融型」「購入型」「寄付型」などに分類されます。

ソーシャルレンディングは「金融型」クラウドファンディングのことです。
(お金を投資して、お金のリターンを求めるタイプ)

クラウドファンディングと言えば、みなさんがよくニュースなどで目にするのは「購入型」のクラウドファンディングではないでしょうか。

「購入型」クラウドファンディングとは、まだ世にないものを作りたけど資金がないという場合、ネットで協賛者を募り出来上がったものをリターンするというものです。

クラウドファンディングのサイトもいくつかあるようです。

サイトを覗いてみましたが、結構、資金って集まるものなのですね。
(1,000万円近く集まっているプロジェクトが多数ありました。)

アイデアはあるけど資金がない!という方はクラウドファンディングで資金調達にチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

ソーシャルレンディングの話をするはずが、クラウドファンディングの話になってしまいました。。。


亜夢子が気になるキーワードTOP5

亜夢子が最近気になるキーワードを独断と偏見で載せちゃいます!

1位 RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)
2位 AI(Artificial Intelligence) 【人工知能】
3位 IoT(Internet of Things) 【ものインターネット】
4位 生産性
5位 働き方改革


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊


みなさんは「ストレス」のことをどう思っていますか?ストレスは体に悪いのでなるべくストレスを減らすようにしないといけないと思っていませんか?

1998年にアメリカで3万人に対して行われた調査で、参加者に対して次のふたつの質問をしました。
「この1年間でどれくらいのストレスを感じましたか?」
「ストレスは健康に悪いと思いますか?」

8年後の追跡調査では、3万人の参加者のうち強度のストレスがある場合には、死亡リスクが43%も高まっていたことがわかりました。ただし、死亡リスクが高まったのは、強度のストレスを受けていた参加者のなかでも、「ストレスは健康に悪い」と考えていた人たちだけでした。強度のストレスを受けていた人でストレスを受け入れることができた人の生存率は高かったという結果もでました。

ストレスに対処するための最善の方法は、ストレスを減らそう、避けようとするよりも、ストレスについての考え方を改めて、ストレスを受け入れることなんだそうです。

ストレスは体に悪いと世間では言われていますが、ストレスをうまくコントロールすることにより自分の力とすることができます。

本書では実際にストレスを力に変えていくエクササイズが紹介されています。

著者はスタンフォード大学で教鞭を振るう心理学者です。先生が言っているのだから絶対に正しいとまでは言いませんが説得力がありますよね。

ストレスが多くてつらい日々を送っている方は、本書を読んでストレスを味方にしてみてはいかがでしょうか。


編集長のつぶやき

明日(月曜日)の朝から浜松市で開催される研修を受けるため、今から浜松に移動します。

6月(たぶん)から始まるプロジェクトに参画するための事前研修。ここに到達するまで紆余曲折ありましたが、何とかここまで辿り着きました。
(実際に始まるまで何があるかわかりませんが。。。)

浜松といえば思い浮かぶのが「うなぎ」 最近はうなぎの価格が高騰してしばらく口にしていないので、これはチャンスとばかりにうなぎのお店を探索。本場と言えどもそれなりのお値段。ん〜悩む。

ネットで浜松の名物を検索していると、どうやら餃子も浜松の名物の模様。そう言えば前回、営業さんと浜松に出張した際に、浜松はうなぎだけでなく餃子も有名だと聞いた覚えが。

高くてなかなか食べられないうなぎを出張だからと自分に言い聞かせて食べるか、浜松餃子は浜松でしか食べられないとして餃子を食べるか。新幹線の中でゆっくり考えたいと思います。

最終的にどちらを選んだかは、am city(http://www.super-se.com/)に掲載したいと思います。
結局、お店が混んでいた、見つからなかったという理由でコンビニでお弁当を買って食べました、なんて結末が待っていなくもないですが。
(一人だとお店にも入りにくいですしね)

来週はゴールデンウィークのため配信はお休みさせていただきます。
次回は5/14(日)配信予定です。



編集長へのコンタクトはこちらまで
sumihiro@super-se.com