【アムアム通信Vol.179】本末顛倒とはまさにこれ!?


こんにちは。アムアム通信編集部員、皆さんの心のオアシス亜夢子(あむこ)です。

文房具が大好きな亜夢子。特に付箋がお気に入りです。タスクの管理はすべて付箋を使っています。

普通の付箋だとすぐに剥がれてしまうので、亜夢子のお気に入りは「強粘着」の付箋。
通常の付箋より粘着力が強く簡単には剥がれません。

タスクを書いた付箋を貼る場所は常に目につくようにいろいろと工夫しています。

PCに貼ってみたり、手帳に貼ってみたり、ノートに貼ってみたり。

一番良かったのは専用ノートを用意してそこに貼ること。

難点は強粘着なので剥がす際にノートの紙にシワができてしまうこと。

そこでグッドアイディアが浮かびました。マスキングテープをノートに貼ってその上に付箋を貼れば粘着力が弱くなり、ノートがシワにならないというアイディア。

亜夢子天才!と思ってしばらくノートに付箋を貼ってタスクの管理をしていました。

しかし、ある日ふと思ったのは、もしかして強粘着の付箋でなく、普通の粘着力の付箋を使えばすべて解決するのでは?

普通のふせんの方がお値段お安いし。。。あまりのショックにノートでの管理を止めて強粘着を有効に使えるクリアフォルダに貼って管理することにしました。

本末転倒とはまさにこのことだと思った瞬間でした。


ワンタイムパスワードでも危ない!

警視庁は03月16日、ワンタイムパスワードによる保護をかいくぐり、インターネットバンキングの預貯金を不正送金する「DreamBot」の被害を国内で初めて確認したと発表しました。

DreamBotは既存の「Gozi」と呼ばれるマルウェアを改造したものです。

DreamBotに感染するとインターネットバンキングを利用しようとした際に、偽の画面を表示してワンタイムパスードなどを盗み出します。DreamBotはキーロガー(*1)機能を備えているためその他の情報も盗まれる可能性があります。

DreamBotの感染経路はメールの添付ファイル開封、メール本文中のURLクリックなどがあるそうです。

感染を防ぐためには基本的には怪しいメールは開封せずに削除すること。怪しいメールと言われても最近のウィルスメールは怪しさを隠す工夫がされているのでなかなか判断するのが難しいですよね。以下のサイトではウィルス付メールの具体例が掲載されているので騙されないように参考にしてみてください。

(*1)キーボードのどのキーを押したか記録する機能。パスワードなどをキーボードで入力すると、押したキーが記録されパスワードなどが漏洩する。


これは知っておいてねキーワード

DX【デジタルトランスフォーメーション】(Digital Transformation)

「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされる。(ウィキペディアより)

最近のIT業界では「AI(人工知能)」「IoT(ものインターネット)」などが流行っていますよね。
これらの技術を使った自動運転車などはまさにDXの例だと思います。

それにしても10年以上も前の概念が今さら注目されるというのもおもしろいですね。

このDXはあくまでも概念。各メーカー、ベンダーが様々な解釈をして様々な戦略を打ち出しています。
それらを比較してみるものおもしろいかもしれません。


亜夢子が気になるキーワードTOP5

亜夢子が最近気になるキーワードを独断と偏見で載せちゃいます!

1位 AI(Artificial Intelligence) 【人工知能】
2位 IoT(Internet of Things) 【ものインターネット】
3位 生産性
4位 セキュリティ
5位 働き方改革


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊


事業がうまくいかずどん底状態の主人公のもとにかかってきた1本の電話。電話の相手は長年の親友からのものでした。
その親友は医者の緊急のすすめに従って、ヨーロッパに旅立ったばかりでした。

電話の先の親友の話し方は驚くほど力にあるれていて、実に生き生きとしていました。

もう生きて友人に会うことはないだろうと思っていた主人公はその変貌ぶりに驚きのあまり「君に何か奇蹟でも起こったに違いない」と言いました。すると友人から帰ってきた言葉は「今、君が思っていることにほとんど近いことが起こったのだ」と答えたのでした。

友人はヨーロッパで「マスター」と呼ばれる人物に出会い、「マスター」から様々なことを学びます。
大切なことは「目標」を立てて「熱心」に目標に向かって進むことだそうです。

スピリチュアル(霊的世界)感が満載ですが、要は「心の在り方」を説く一冊です。

今までの人生がうまくいっていないなぁという方は本書を読んで「心の在り方」を学んでみてはいかがでしょうか。


編集長のつぶやき

ちょっと前までのマイブーム(死語)は「無限ピーマン」(無限ピーマンの住広レシピはこちら)

そして最近のマイブームはふのり。みなさんふのりをご存知ですか?

恥ずかしながら住広は47年間ふのりを知りませんでした。ふのりとは海藻の一種で漢字で書くと「布海苔」

とあるホテルに宿泊した際に朝食のお味噌汁に入っていたのがふのり
コリコリとした食感にすっかりとりこになってしまいました。

もっと早くふのりに出会っていれば。。。人生の半分を損した気分でした(大げさ)

東京に帰ってきてからさっそくスーパーにふのりを探しに出かけました。残念ながら一軒目のスーパーには売っていませんでした。数軒のスーパーを渡り歩きやっと見つけた「ふのり

お味噌汁に大量のふのりを投入してふのりを楽しんでいます。よかったらみなさんもご賞味あれ。

ふのりをご存じない方はこちらをご覧ください。

ふのりは細いものと太いものがあります。住広は、より歯ごたえのある太めのふのりがお気に入りです。




現在の読者数:124名(200名まで、あと76人)


編集長へのコンタクトはこちらまで
sumihiro@super-se.com